受診予約 | 東京大学医学部附属病院

您现在的位置:文学期刊 > 西方诗歌,time:2019-06-16 18:30
上一篇:益生菌酸奶调节肠道 益生菌酸奶怎么挑选 下一篇:没有了

受診予約 | 東京大学医学部附属病院

◆当院は、「原則予約制」です。

当院では、患者さんは原則としてあらかじめ予約をして頂く仕組みとさせていただいております。

ご予約の際は、事前に上記の「予約センター」までご連絡ください※他院からの診療情報提供書(紹介状)をお持ちの方は、お手元にご用意の上、予約センターにご連絡ください(あて先の確認を行っております)。 ※予約されないで来院した場合、当日中に受診できないことがございます。

※特に呼吸器内科、脳神経内科、心療内科、精神神経科、麻酔科、乳腺内分泌外科は、完全予約制です。

 必ず事前に予約センターまでお電話ください。

◆検査の予約変更はできません。

予約センターでは、採血、レントゲン等検査の予約、変更はできません。 検査の変更をご希望される方は、医師に直接、お申し出ください。 ◆初診の方または前回来院日より1年以上経過している方(※1)へ: 原則として紹介状(診療情報提供書等)が必要です。 紹介状を持った初診患者さんが、必要なときに安心して受診できるように、地域の医療機関からのご紹介には素早く対応いたします。

当院は、主に高度先端医療を提供する「特定機能病院」として承認されており、当院を受診される場合は原則、他の医療機関からの紹介状(診療情報提供書)が必要となります。 受診する際には、かかりつけ医からの紹介状をご持参いただきますようご協力をお願いいたします。 なお、紹介状をお持ちでない場合でも受診いただける科もございますが、この場合は初診料の他に、特定機能病院の初診再診に係る選定療養の定額負担義務化(※2)に伴い、初診に係る選定療養費として8,100円をお支払いいただくことになりますのでご了承ください。

また、症状が安定しているために他の医療機関へ文書により紹介した患者さんが、紹介状なしで再度当院を受診される場合には、再診に係る選定療養費として4,050円をお支払いいただくことになります(対象とならない場合もあります)。

紹介状がないと受診できない科もございます。

また、料金をご負担いただければ必ず受診できるというわけではありません。

詳細は予約センターでご確認ください。

※1当院では、前回来院日より1年以上経過している方は、原則として初診とさせていただきます。

※2初診再診に係る選定療養の定額負担義務化とは、地域の医院診療所と病院との機能分担連携を進めるため、「初期の診療は医院診療所で、高度専門医療は紹介状持参の上病院で行う」ことを目的として、特定機能病院に紹介状なしで受診する場合は、定額負担を義務付ける、という厚生労働省により制定された制度です。 ◆再診の方へ: 7月~9月の外来診療体制7月~9月は診療科によっては夏季診療体制となることがあり、東大病院のホームページ上の各診療科に掲載されている外来担当一覧と、受診時の担当医が異なる場合もございますので、あらかじめその点をご理解いただきますよう宜しくお願い致します。 ◆他の科を受診する方へ: 初診手続きが必要です。

東大病院が初めてでない方も、他の科に初めてかかるときは初診手続きが必要です。 改めて予約をお取りになって、初診窓口までお越しください。

◆休診日土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)。


编辑推荐

友情链接